お問い合わせ

INFORMATION

くまポチと学ぶ!ハロウィン豆知識

10月31日はハロウィン(正確には10月31日~11月2日の3日間)
ハロウィンと言えばカボチャを使ったお菓子を作ったり、子供たちが魔女や海賊、お化け等の仮想をしてお菓子をもらうために近所を練り歩いたり…と日本でも有名な行事ですね。
今回は意外と知られていないハロウィンの豆知識をご紹介します。

 

ハロウィンとは…元々は、ヨーロッパで行われていた「民俗行事」のことです。
キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日…万聖節の前夜祭に、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りのことをハロウィンと呼ぶようになりました。
仮装した子どもたちが”Trick or Treat”と言ってお菓子をねだるのは、お祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を真似たもので、中世のなごりと言われています。

 harouxin

起源は数千年前の古代ケルト民族のお祭りまで遡ります。
古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。死者の霊が親族を訪れる夜であり、また悪霊が子どもたちをさらったり、作物や家畜にいたずらをする夜でもあります。
その為、人々は仮装して悪霊たちの目をくらまし、自分に乗り移らないようにしたとか。
「人間ではなく同じ仲間ですよ」とアピールすることで、 難を逃れようとしたのです。

 

日本でも最近、秋のイベントとして定着してきたハロウィン。
仮装大会やパレードなど日本でもこの時期ならではのユニークなイベントがたくさん!
もし仮装した子どもたちが訪ねてきたら、ぜひケーニヒスクローネのお菓子をプレゼントしてあげて下さい!

↓↓↓ハロウィンイベントにも最適・ケーニヒスクローネのオータムギフトはこちら↓↓↓
http://konigs-krone.co.jp/shop/?goods_cat=season-autumn

 

aki4