お問い合わせ

INFORMATION

くまポチと学ぶ!ドイツのクリスマス豆知識

ドイツでは、地域毎に何百年にもわたり受け継がれてきた様々なクリスマスの習慣があります。今回はその中からピックアップしてご紹介。

 

●アドベントとクリスマス
寒さが身に染みる冬の季節…11月30日に最も近い日曜日からクリスマスイブの約4週間は、クリスマスの準備期間に入り、お祝いする気分が盛り上がってくる時期です。ドイツではこの期間を「アドベント(待降節)」と呼び、だんだんクリスマスが近づいていることを実感するための大切な4週間です。

クリスマスまでのカウントダウンを楽しめる「アドベントカレンダー」もこの時期ならでは。
12月1日から24日までの数字が窓になっている一枚のカレンダーで、毎日一つずつ窓を開けると、中にはお菓子などのお楽しみが入っている、ちょっとした嬉しい驚きがあるカレンダーです。

kurisumasu3

建物の窓を利用したアドベントカレンダー

 

 

●クリスマスマーケット
この時期になると、ドイツ各地の町の広場で、クリスマスマーケットが開かれます。
季節にちなんだ飾りつけがされた可愛い屋台では、クリスマスの飾り物やロウソク・プレゼントに最適なアクセサリーや民芸品・焼き菓子やソーセージを始めとした食べ物など色々なものが売られ、目移りしてしまうほど…。
クリスマスマーケットは夜になると灯りがつき、昼間とはまた違ったロマンチックな雰囲気が味わえます。

kurisumasu11

左:ミュンヘンのクリスマスマーケット 右:食べ物・雑貨など様々な屋台が立ち並びます

 

 

●クリスマスのお菓子
クリスマス前になるとドイツでは、クッキーを手作りする家が多いようです。時間をかけて腕をふるい、伸ばした生地を型抜きしたり、手で形を作ったり、生地を搾り出したりしてクリスマスのクッキーを作ります。焼きあがったらパウダーシュガーをまぶし、チョコレートや溶かし砂糖でコーティングする…一手間加えるだけで立派なクッキー・アソートの出来あがり。

kurisumasu2

クリスマスの定番!手作りクッキー

 

ケーニヒスクローネのギフトはクリスマスの贈り物にもオススメです!
定番のクッキーやチョコレートを始め、豪華ギフトセットや可愛いイラストが描かれたプチギフトなど様々なお菓子を取りそろえています。ぜひご覧ください。

【ケーニヒスクローネのオンラインショップはコチラ】