お問い合わせ

INFORMATION

くまポチと学ぶ!6月の結婚式『ジューンブライド』

日本でも既に定着しているジューンブライド(6月の花嫁)
欧米では「6月に結婚すると 一生涯幸せな結婚生活が送ることが出来る」という古くからの言い伝えがあります。
そこにブライダル業界が着目、梅雨時期で挙式の少ないオフシーズンを盛り上げるために提案したのが日本のジューンブライドの始まりのようです。

 

kuma2irare

 

 ところが欧米のジューンブライドの由来には他にも諸説あるようです。もう少し詳しく見てみましょう!

 

【なぜ6月?ジューンブライドの由来】

1つめの説として挙げられるのは、6月の月名(June)がローマ神話の結婚生活の守護神である女神「juno(ユノ)」に由来するというものです。
6月に結婚することで花嫁にユノの加護を期待する風習から6月に結婚式を挙げる花嫁を「ジューン・ブライド」(June bride)と呼ぶようになったとされています。

 

90e3aa241da298d778f83d19ae0aea3a_s

 

2つめの説、ヨーロッパでは農作業の繁忙期である3・4・5月は、妨げにならないよう結婚が禁止されていました。6月はその解禁の月、農作業が一段落ついた頃に、いっせいにカップルたちが結婚し周りの人達からも大いに祝福されたという説です。 

 

3つめは、気候が結婚式にふさわしいからというものです。(日本には当てはまりませんね(-。-;))
6月のヨーロッパは降水量が少なく天候の良い日に恵まれる時期で、空気もからっとしています。そのため復活祭など祭事が多く、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、結婚式もより一層盛大で華やかなものになったのかもしれませんね。

 

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s

 

日本のジューンブライドはブライダル業界の苦肉の策的な部分は否めませんが、それでも縁起のいい月であることは間違いありません。「ジューンブライド」「6月の花嫁」いい響きですよね。やっぱり憧れますo(*^▽^*)o

ケーニヒスクローネでは、ジューンブライドの季節にぴったりのブライダルギフトを販売中です。
結婚式の引き出物やプチギフトにケーニヒスクローネの洋菓子はいかがでしょうか?

『ケーニヒスクローネのブライダルギフトはコチラ』